ワンルームマンションの売却法|確実に売る魔術

夫妻

信頼して売買ができる

一軒家

岡山は暮らしやすい環境が整備されていることから、集合住宅から戸建住宅まで様々な形態の不動産物件が建設され人気となっています。岡山において不動産物件を購入する場合には、地元にある不動産仲介業者を利用するのが合理的です。

もっと読む

有名な観光地で

一戸建て

伊豆は日本全国から観光客が集まってくる、非常に魅力的なエリアです。伊豆に不動産の購入を検討しているのであれば、まずは予算設定をしっかりと行いましょう。多くの物件が伊豆では販売されているので、色々と見て回る事が重要です。

もっと読む

人気エリアの物件

山

リゾート地として、多くの観光客も訪れる伊豆に住まいを移したいニーズは増加しています。季節毎に訪れる場合を含め、別荘の賃貸は注目されている不動産サービスの1つです。一度、暮らし方を体験してみることで、購入の良し悪しが判断できます。

もっと読む

マンションを売るときに

部屋

ワンルームマンションを売却する場合、多くは投資用として買い手を探すことになります。一般的にワンルームマンションは住むために購入するケースは少ないからです。中には広めの部屋をセカンドハウスとして購入する場合もありますが、投資用として購入したものを売却するのであれば、やはり相手も投資用で検討することになります。その際に工夫できることとしては、まず借り手をつけた状態で買い手を探すということです。それも賃貸契約を結んだばかりの状態がベストです。買い手としても、少なくとも2年間は賃貸契約が続くことを期待できるからです。さらに売却の時期としては、年度末の不動産が多く売買される時期を狙うのもひとつの手段となります。

ワンルームマンションは借り手をつけた投資用として保有することがほとんどです。そしてそれを収益源として保有し続けるか、あるいは途中で売却して利益を確保する方法があります。収益源として保有する場合には、早期にローン返済を終える必要がありますが、そうでなければ資産価値が落ちる前に売却するケースが多く見られます。ワンルームマンションは手頃な金額であることから、サラリーマンが多く保有するものです。そして数年間の運用を続けた後に売却することを前提とした運用をすることが多いものです。そのために資産価値の高い都市部で売買されることが多くなります。また、このような都市部では規制により新たなワンルームマンション建設が制限されていることで、有利な条件で売却するケースも増えています。